世界三大ED治療薬のシアリスの詳細をご紹介いたします。

シアリスの後発薬

シアリスとはアメリカのイーライリリー・アンド・カンパニー社が製薬販売しているED治療薬です。
有効成分はタダラフィルで、日本国内では5mg、10mg、20mgの三種類販売されています。
EDの治療薬と言えばバイアグラが有名ですがそのほかにレビトラとあり、世界には今3種類の治療薬があります。
その中でも一番新しい治療薬で、ED界にとって画期的な治療薬となったのです。
特徴的なのは作用の持続時間です。
バイアグラは5時間レビトラで5時間から10時間ですが、なんとそれをさらにはるか超えた36時間となっています。
タダラフィルの含まれている量や、使用タイミング、個人差にもよりますが大体24時間から36時間ですので最低の時間でもはるかに今までのタイプを超えています。
即効性はあまりなく、どちらかというと、ゆっくり長く効くタイプとなります。
海外ではその持続性の長さから、ウィークエンドピルと呼ばれており、週末を楽しく過ごせるという意味合いから来ています。
近場に旅行行く時も、服用してから旅行へ出かけても2泊は効果が持続しますので、相手に知られることなく利用ができます。
もちろん他のED治療薬同様、服用後すぐに勃起してしまういう心配はなく、必ず服用後に性的な行為をしないと勃起しませんので安心して外出できます。
シアリスは今ではバイアグラを抑え、世界シェアNO1だとも言われています。
それだけ人気の治療薬なのですが、中々手にしにくいものです。
その理由ですが、ED治療薬は全般的に処方箋薬です。
そして、保険適用外の薬ですので、自費診療になります。
相場としまして、3種類の中で一番高く、成分量にも異なりますが1錠1400円から4000円近いとされています。
この値段じゃ手にしにくいのも納得です。
そこでジェネリック医薬品がお勧めです。
同じ有効成分タダラフィルが含まれている、タダシップとタダライズというものがあります。
どちらもインドにある2つの製薬会社が販売しているのですが、二つともジェネリック医薬品になります。
シアリスと全く同じ有効成分が含まれているのですが、すでにある有効成分を使うことによって治療薬の製薬費用が抑えられます。特許の切れたものに対して、他の製薬会社が再開発することが可能なのです。
それにより、タダシップもタダライズも同じ成分ながら先発薬よりも安く提供ができるという事です。